一般社団法人 静岡県紙パルプ技術協会へようこそ!

催物の御案内

催し物の御案内

第5回紙関連技術講演会開催のお知らせ

 貴社 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、標記の講演会を下記により開催いたします。業務ご多忙中のことと存じますが多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

1 日 時  平成31年2月6日(水)13:00~16:20

2 場 所  富士工業技術支援センター1階・大研修室(富士市大渕2590-1)

3 受 付                          
 13:00~13:30

4 挨 拶  富士工業技術支援センター長  佐藤 廣美  13:30~13:35

5 講演内容 
(13:35~14:20)
(1)テーマ:【古紙を取り巻く状況】
講演者:公益財団法人 古紙再生促進センター 業務部長 中田 広一 様
要 旨:中国が2017年に環境保護政策により古紙調達方針を変更したことに加え、米中の貿易摩擦もあり、2018年の日本国内の古紙需給は過剰な輸出の影響を受け余剰・不足が短期間に生じ、混乱した。更に、中国は“2020年末までに固体廃棄物の輸入0を目指す”との方針を発表しており、今後の動向を注視し対策を図っていくことが求められる。
 日本は、古紙の国内回収量が国内消費量を上回る状況下、一定量の輸出は必要であるが、国内の持続的な紙リサイクル維持の為には、国内需給と輸出とのバランスをいかに取っていくかが必要であることから、古紙を取り巻く状況を述べる。
  (14:20~15:05)
(2)テーマ:【カンバス用高圧水洗浄装置「ブロワー吸引型スーパークリーナー」】
講演者:相川鉄工株式会社 設計部  吉野 剛史 様
要 旨:弊社ではこれまでにカンバス洗浄装置として、スキャンジェットシャワー装置から始まり、2003年に国内第一号機高圧洗浄装置であるコンビクリナー装置を納入、2008年に国産スーパークリーナー装置第一号機を納入し、現在100台を超える納入実績がある。最新のプロワー吸引型スーパークリーナー装置は洗浄ヘッドの形状変更、高圧洗浄水ノズルの理想的な配列、洗浄ヘッドの吸引力強化による大幅な洗浄強化が可能となった。ここでは最新のブロワー吸引型スーパークリーナー装置の特長及び納入実績を紹介する。  【10分休憩】
(15:15~16:00) 
(3)テーマ :「縦型分離・洗浄・回収機“バーチカルZ”の効果と展開」
講演者 :株式会社大善 研究所 所長 上條 正泰 氏
要 旨 :当社が開発した縦型分離・洗浄・回収機“バーチカルZ”が平成30
     年度紙パルプ技術協会佐々木賞受賞の栄誉に浴することとなったが、“バーチカルZ”は発売以来、様々な使用法によって活躍の場を広げて来た。特に近年は製紙業界においては、省資源、省エネルギーに重点が置かれつつあり、発売当初は洗浄・濃縮用途が主であったが、次第に繊維回収用途が増えて来ている。
例えば、従来は一見濃度が低く、見過ごされて来た排水中の微量のパルプ成分の内、有効繊維分(繊維長150mesh on:0.10mm以上)を選択的に回収するのに優れた効果を発揮しつつある。
このような背景において、本稿では主として、“バーチカルZ”の繊維回収用途について、その使用事例の一部を紹介する。

◎各演題に関する感想などをお寄せいただくため、アンケートにご記入いただく時間を設けました。配布アンケートへの記入にご協力をお願いします。

6 申込方法
申込書に必要事項を記入の上、1月31日(木)までに下記申込先宛FAXまたは郵送にてお申込みください。(定員となり次第申し込みを締め切らせていただきます)。
申し込みの際、同一企業様より多数の参加希望があった場合には、ご遠慮いただく場合がありますのでよろしくお願い申し上げます。申込後に変更のあった場合には、事前にご連絡ください。

申込先 〒417-0801富士市大渕2590-1 一般社団法人静岡県紙パルプ技術協会
             Tel 0545-35-5025 Fax 0545-35-5026
             担当:事務局 秋定 一知
第5回紙関連技術講演会参加申込書(申込締め切り:1月31日(木)) 



中小企業等技術者研修(製紙工学課程・短期)

研 修 生 募 集 案 内
○ この研修は、入社後経過期間が短く経験の少ない社員、または事務担当者や異動等で配置転換された方など技術・事務・営業面の全ての社員を対象に、製紙技術に関する全般にわたって、基礎的な知識を習得していただく初級の研修です。
  技術の習得はもちろんのこと、同じ製紙関連業界で働く仲間との相互の理解と交流のためにも、積極的にご参加されますようお願い申し上げます。

〇 この研修は、富士市・富士宮市の支援を得て、静岡県工業技術研究所富士工業技術支援センタ-及び産業界の協力のもとに実施しております。

主 催 一般社団法人静岡県紙パルプ技術協会
skamipagk@cotton.ocn.ne.jp
         電話:0545-35-5025、 FAX:0545-35-5027

募 集 要 領
1 研修課程名と定員
中小企業等技術者研修(製紙工学課程・短期)  定員30名
2 研修の目標
製紙技術の向上を推進するため、現場経験の少ない者、もしくはそれに準ずる者を対象として、製紙技術の初級知識を与えることを目標としています。
3 研修期間と時間数および内容
(1) 研修期間 平成31年2月18日(月)~2月22日(金) (5日間)
(2) 研修時間数  座学30時間 
(3) 研修内容・日程   別紙
4 研修場所   富士工業技術支援センター (富士市大渕2590-1) 
5 受講料
研修生1名につき、会 員 16,000円(テキスト代を含む)
非会員 30,000円(テキスト代を含む)
6 受講資格
原則として、中小企業者またはその従業員(事務職員でも可)で次の各号に該当し、かつ事業主の保証のある者。(事業規模の大きい事業所についてはご相談下さい)
(1)製紙技術に関する実務経験が少ない者
(2)職場先移動などにより再教育を望む者
(3)事務系従事者で総括専門教育を望む者
7 受講申込書受付期間
平成31年1月25日(金)までに別紙申込書により事務局まで申し込んでください。
(郵送、Faxのいずれでも可)
8 受講者決定
受講者は決定しだい、事業主および本人宛通知します。
9 その他
受講者は受講決定通知を送付します。2月12日(火)までに下記口座に振り込んでください。
(振込手数料はご負担願います。)
お振込先   スルガ銀行 富士吉原支店 普通 241288
一般社団法人静岡県紙パルプ技術協会 

中小企業等技術者研修(製紙工学課程・短期)申込書

研修カリキュラム

中小企業等技術者研修「実践的PLC制御技術~三菱シーケンサ編~」の開催案内

本講座は、PLCの構成とI/O割り付け、ラダープログラムソフトの使用法、デバック作業など回路作成実習を通して基礎から学習し、課題作成演習を通して技能、技術を習得します。
 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構 静岡職業訓練支援センター(ポリテクセンター静岡)のご協力をいただき、下記により実施します。
 会員の皆様の積極なご参加をお願い申し上げます。

1.日   程   平成31年1月28日(月)、29日(火)2日間)
              9:00~16:00
2.会   場   富士工業技術支援センター 小会議室
          (〒417-0801 富士市大渕2590-1 )
3.定   員   10名 
4.受 講 料   8,000円(テキスト代込み)
5.申込締切   平成30年12月25日(火)
 申込は「郵送またはFAX」にてお願いします。
(申込締め切りました) 

6.申 込 先   一般社団法人静岡県紙パルプ技術協会
          〒417-0801 富士市大渕2590-1
                Fax:0545-35-5027 Tel: 0545-35-5025 
Mail:skamipagk@cotton.ocn.ne.jp
7.受講の決定   受講者には、後日決定通知書を送付いたしますので、その後受講料
を下記銀行口座にお振込み願います。
スルガ銀行富士吉原支店 普通「№241288」

8.講習内容   別紙参照(カリキュラムシート)
実践的PLC制御技術~三菱シーケンサ編~研修カリキュラム

(注)申込みが多数の場合、1社1名に限らせていただくことがあります。




powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional